上島佳代子のリネンと雑貨の教室

<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

こころもカルく。

0

    いつものようにぱぁーっと、とはいかないものの、いよいよ東京のサクラが咲いてきました。

    ことしは寒の戻りが長かったせいか、庭の草花もいつもの春と花の咲き方が違います。それでも春はやって来た。

    サクラに呼ばれてフラフラと外に出る機会も増えそうです。
    暮らし | permalink | - | - | -

    春のごちそう。

    0


      桜にはまだ早く里山に梅が咲く頃、美味しいものを戴く機会がありました。



      あれ?っと思ったのがこの魚。
      反対向きに出てきました。



      仲居さんにお伺いすると、昔は「海腹川背」、うみはらかわせ、と言われたそうで、海の魚は腹が旨く、川の魚は背が旨いということからきているのだそう。

      こんな話題も味わいの一つですね。
      **********

      メルマガをご希望の方はこちらからどうぞ。→

      暮らし | permalink | - | - | -

      無理せずできることを。

      0


        助けが必要な人に手を差し伸べたい。
        そうは思っていても自分にできること以上のことで無理をするのは難しい。

        でも、今日3月11日にYahoo!検索で「3.11」と検索するだけで、ひとりにつき10円が寄付されるそうです。

        私のブログではまったくチカラがおよびませんが、縁あって読んでくれた方がいらっしゃったら、どうか検索をお願いします。
        暮らし | permalink | - | - | -

        バレンタインデー

        0
          もう何十回と迎えているバレンタインデー。

          最近は好きな人より友チョコ、自分チョコの方が圧倒的に多いようですね。

          私ももう十数年前から、かわいいパッケージのチョコレートを自分へのご褒美にしているのですが、それでも夫にあげないのもなんだか可哀想な気がして、毎年あげています。

          今年は友達に誘われて、カカオ豆から作るチョコレートのワークショップに参加してきました。



          屋外でのイベントだったので、寒すぎてあまり内容が向いていない気もしますが、コートの上にエプロンという変な格好で、カイロとブランケットとストーブで暖をとりながら頑張りました。初めての経験だったので、内容自体は楽しかったです。

          作り方もとっても簡単でした。

          来年は友達と一緒に作ろうかしら。もちろん、暖かい部屋で。笑

          さて、出来栄えはというと、こんな感じ。一緒に行った友達はかわいいラッピングをして彼にプレゼントするそうです。チョコレートの味はミルクチョコとダークチョコ。私はカカオ豆も一緒に添えて、作り方の解説つきで、味わってもらいました。たまにはこういう趣向をこらしたものも面白いですね。



          **********

          メルマガをご希望の方はこちらからどうぞ。→

          暮らし | permalink | - | - | -

          今日は節分の日。

          0



            今日は節分の日。

            昨年交通事故に遭った友人へ今年は福が来るようにと節分の豆を買ってプレゼント。

            そのついでに我が家にも一つ購入しました。

            小さな子供がいないので、家で豆を撒く習慣がありませんが、今日は豆料理でも作ってみようかな。


            **********

            メルマガをご希望の方はこちらからどうぞ。→

            暮らし | permalink | - | - | -

            トランプゲーム

            0



              発売から一年余り。
              本屋ではよく売れたようで、テレビでも話題になった本。
              ようやく読むことができました。が、はて?どこに売れる要素があるのかわからなかった。
              田中角栄の豪快な逸話なら今まで出ている本に沢山載ってそうだし、当時田中角栄に引導を渡した若手議員(石原慎太郎)が書いた本だから売れたのかな。

              いまアメリカだけでなく世界を混乱させているトランプ。もし天才と言われる田中角栄が生きていたら、どう彼と渡り合ったのかと、現実には見られないことを残念に思う。

              生活を豊かにしてくれるハンドメイドやガーデニングを楽しむことは、平和な日々だからできること。その平和がいつまでも続きますように。


              あまりピンとこなかった本だけど、田中角栄が観察力とアイデアで自分の欠点を克服した様子は参考になったし、「賢い人は聞き、愚か者は語る」という言葉を知っただけでも読んだ意味がありました。
              暮らし | permalink | - | - | -

              口福の春

              0


                あっというまに一月も終わりです。
                新年に立てた目標、最低でも1ヶ月に徒歩100キロ。携帯電話の万歩計を使っているのですが、携帯を置いて買い物に行ったり、テーブルに置きっ放しのことも多々あって、記録上早くもピンチです。

                今日と明日で12.14キロ歩かなければ。

                先日、ひと足早く春を感じるお菓子を買ったので、お茶の時間を楽しみに図書館まで歩いていってくることにします。

                今日の東京は20度近くある春の陽気。
                庭のヒヤシンスもだいぶ芽が伸びてきました。


                **********

                メルマガをご希望の方はこちらからどうぞ。→

                暮らし | permalink | - | - | -

                夢の続き

                0


                  フランスから友人が久しぶりに帰国したので、青山に繰り出しました。

                  フランス留学中、パリでの阪神・淡路大震災のボランティア活動で知り合った彼女とは、もう20年来の友達です。

                  出会ったころは二人とも漠然とした夢や将来の可能性に希望を抱き、いつまでもつきることのないおしゃべりを楽しみました。

                  いまでは会えば自分の体力の低下や、年老いた親の話、つかみどころのない将来の話など、キラキラ瞳を輝かせ、弾けんばかりの笑顔で語り合っていた20年前とはだいぶ様子が変わってきました。

                  それでも、体力気力がダウンしたいまでも、やりたいこと、やれることの小さな希望をお互い確認し合い、また遠く離れた場所でそれぞれの生活を続けるのです。

                  女性の人生には様々な変化があって、若い頃にできた友人とはなかなか長い年月を共にすることは難しいけれど、大人になってからできた友人は共に年をとるまで続くような気がします。お互い依存することもなく、それでいて久しぶりに会っても、すぐに前回の続きのようにすぐにリスタートできるのです。


                  次に会えるのは初夏のフランスで。

                  楽しい話をいっぱい貯金しておかなければ!
                  暮らし | permalink | - | - | -

                  植物が教えてくれること。

                  0


                    毎日とはいきませんが、時間のあるときは庭にでて植物の手入れをしています。
                    植物を手入れしながら、心の中で植物と語り合っているような感覚になるのですが、植物から教えてもらうことはとても多く、生きていく上での指針になることもよくあるのです。

                    例えばその花のことをよく知らず、日なたに向いた花を日陰に植えたために何年もまったく成長しなかったり、その逆に日陰に向いた花を日なたに植えて、元気がなくなってしまったり。

                    何でもかんでも日なたがいいと思っていたら、実はそんなことはなく、半日陰に植え変えたとたん、いままでしょんぼりしていた植物が見たことがないくらいイキイキし始めたなんていうことはしょっちゅうです。

                    もし皆さんの中にいま「生きにくなー」と思っている方がいらっしゃったら、もしかしたら自分に適した環境でないのかもしれません。

                    大人ならまだ自分自身で環境を変えることができますが、これが子どもだったら?

                    植物が植えられた場所を自分自身で移動できないように、子どもたちもだれか適した環境に植えかえてくれる人が必要なんですよね。

                    そのためにも日々の会話や観察はとても大事。

                    ニュースで悲しい事件を耳にすると、そんなことを考えてしまうのです。



                    **********

                    メルマガをご希望の方はこちらからどうぞ。→

                    暮らし | permalink | - | - | -

                    今年の目標はありますか?

                    0
                      皆さんは年の初めに何か目標を立てていますか?

                      先日交わしたメールの中で、毎日走っている友人が「今年は1ヶ月100キロ、1年で1200キロ走る」と言っていたのです。私と同じようにフリーで仕事をしている彼女。長年仕事の合間に走っている彼女を感心しながら見ていたのですが、今年は私もそれに便乗させてもらうことにしました。と言っても私はランではなく、歩きなのですが、家で仕事をしている私にとって、1日平均3.3キロはかなりの距離。パオの散歩以外ほとんど外にでないので、下手すると1日1キロ歩かないときもあります。

                      悲しいかな、これからはどんどん足腰が弱っていく一方。最近ちょっとした段差につまずいて、ヒャッとすることさえあります。自分では足を上げているつもりだけど、きっと足の筋肉がついていっていないのですよね。ということで、太腿の筋力アップの為に家の階段の昇り降りも加えてみようかな。

                      お正月には夫婦互いの実家にも行って歩く距離を少し稼げていたのですが、もうその貯金も使い果たしてしまいました。ムム、これではマズイ。パオの散歩を少し長くしなければ。まずは一カ月の目標クリアを目指します。

                      「何か目標を持つ」ということが私にとって日々の張り合いにもなってくれて、ダラダラと過ごしてしまった昨年とはちょっと違うスタートとなりました。

                      皆さんは何か今年の目標を立てましたか?


                      散歩の途中で夕陽に染まってピンク色になった枯れ木を見つけました。とってもきれい。

                      **********

                      メルマガをご希望の方はこちらからどうぞ。→

                      暮らし | permalink | - | - | -