上島佳代子のリネンと雑貨の教室

<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

私の第3章。その3〜メンテナンスとリメイク

0

    自分でもびっくりするほど毎日があっという間に過ぎ、
    前回のブログ更新からだいぶ日にちが経ってしまいましたが、
    私は元気です。

    相変わらず自分の人生の第3章に向かって、
    毎日持ち物の見直しや部屋の片付け、
    家のメンテナンスなどを行っています。

    前回の『私の第3章。その2』では、
    新しくスタートを切る日まであと85日と言っていたのに、
    気づくともう50日を切ってる!

    がーーーん。
    やっぱり家一軒分の見直しは、無謀だったのだろうか。。。

    最近はテレビでよく片付けやゴミ屋敷の番組をやっていて、
    ちゃっちゃと片付けちゃっているのを見て、
    すごーい!私もちゃっちゃとやっちゃおーと思ったのですが、
    まー進みが遅いこと、遅いこと。
    処分するにも一つ一つチェックしないといけないので、
    本当に時間がかかります。
    考えてみると、テレビだと5〜10人くらいのスタッフがやってるんですよね。
    たった一人でやっている私。頭数で考えても、単純に5倍〜10倍はかかるってことか。
    とほほ・・・。

    しかし、明けない夜明けはないのだ!
    と、いうことで明日も頑張ります。

    天気の良い日は外の作業を優先して。



    昔の木の雨戸をペイント。
    エアコンの設置で雨戸を取り除かなければならなくなり、
    何かに使えないかと長年取ってあったのですが、
    ようやく日の目を見ることに。
    裏庭のコンポストコーナーの目隠しに利用するため、
    ペイントし、設置します。



    剪定した庭の木は、それをウッドチップにしてもらいました。
    なんと45Lのゴミ袋2袋分!
    前の住人が植えたものなので、何の木なのかわからなかったのですが、
    粉砕している時に、ぷーんといい香りが♪
    粉砕してくれたおじさんが、「お、ヒノキだな。いい香りだね。」
    と言うまで全然気づきませんでした。
    ちょっとリッチなウッドチップになりました。
    園芸用の土を作る時も良い香りが漂って、作業が楽しくなります。



    玄関の扉も


    入り口の木製アーチも綺麗に塗り直しました。
    木製のアーチは、はしごのようになっていて、
    塗るところが多いので、本当に一苦労。
    脚立を用意して、天井部分もペイント。

    今週は天気があまり良くないので、
    お部屋を中心に片付けをします。

    あーまだまだゴールが見えません。

    ****

    メルマガをご希望の方はこちらからどうぞ。→






     
    断捨離?ときめく?それとも家ロジで?〜我が家の片付け話 | permalink | - | - | -

    私の第3章。その2〜洗濯家事の改善

    0

      『自分の人生の第3章がそろそ始まる予感。』

      と、以前のブログで書きましたが、→

      前回のカウントダウンでは残り104日もあったのに、
      今日はすでに残り85日です。

      本当に日々過ぎるのが早い!

      さて、
      前回から新しい人生をスタートさせるべく家の中の見直しをはじめ、
      家一軒分という大掛かりな片付けを始めているのですが、
      この片付けをはじめるに思い当たったのは、
      やはり年齢を重ね、気力も体力も昔ほどなくなってきていると感じたからです。

      若い頃は、家の中に多少の不便があっても、
      それを体力で乗り切ることができたと思います。
      でも、その貴重な体力を『家の中の不便を乗り切ること』に使わず、
      他のことに使えたら、もっと有意義に生活できるはず。
      と思ったのです。

      例えばお洗濯一つ、干したり片付けたりするのも、
      それ専用のテーブルがあったなら、
      取り込んだあと、そこで洋服を広げ、手でシワを伸ばし、畳む。
      という作業がスムーズに進むでしょうし、

      ベランダで洗濯ものを干すのではなく、
      ベランダのある部屋で、洗濯ハンガーにあらかじめ洗濯ものをセットし、
      あとは洗濯ハンガーをベランダに掛けるだけにすれば、
      暑い夏でも、涼しい部屋でセットし、パッと干すことができると思うのです。

      そんなことを考えながらベランダのある部屋の片付けをすると、
      あら、不思議。
      なんと片付けがスムーズに進むことか。

      『ランドリーコーナーをつくる』という目標ができたことが、
      私にとってこんなに片付けをスムーズにさせるとは!

      新築のお家なら当たり前の便利な設備が
      築30年を超える古いお家の我が家には、残念ながら備わっていません。
      でも幸いなことに、『いろいろアイデアを考え、自分でつくる』ということは好きなので、
      洗濯家事をスムーズにする『ランドリーコーナー』をつくるというイメージを実現すべく、片付けを進めます。

      『ランドリーコーナー』を想定している場所からは、
      昔の書類や以前使った手芸の材料が沢山出てきました。

      箱を開けてビックリ!
      よくよく考えてみると、平成7年、8年って、20年前!
      これは躊躇なく捨てられます。


      なんと!
      フランスへの留学準備の書類も出てきたのですが、
      期せずして、10月12日。ちょうど20年前の今頃です。

      この頃に私の第2章が始まったのを思うと、
      なんだか第3章を迎える準備をしている私にとって、
      今は大切な変化の時期なのだと、しみじみ感じます。



      あの頃はまだネットもない時代だったので、
      家族に宛てた手紙も出てきました。しかもイラスト入り。笑

      スーパーの野菜が量り売りで、一人暮らしにとって無駄のない買い物ができると、
      えらく感心しています。

      これは後でじっくり読むとして、
      さぁ、片付けを続けましょう。



      ****

      メルマガをご希望の方はこちらからどうぞ。→






       
      断捨離?ときめく?それとも家ロジで?〜我が家の片付け話 | permalink | - | - | -

      私の第3章。

      0


        30代後半の知人女性が出版社の仕事を辞め、
        新しい生活を始めることになりました。

        新しい環境での生活と新しい仕事。
        そして家庭や家族のあり方も変わってくるかもしれません。

        人にはひとりひとり、誰とも違う人生があって、
        時には流されて、時には選びとって、その人の道を進んでいます。

        不安もありながらのスタートのようですが、
        元気で頑張って、きっとあなたなら大丈夫と願わずにはいられません。

        さて私はというと、私の人生の第3章がそろそろ始まる予感がしてきました。

        そのためにも今までのものを少し整理して、身軽に先に進まなければいけません。

        漠然とやっていても成果が目に見えないので、
        まずは自分の誕生日までを区切りに、
        家の中の見直しを隅から隅までするつもりです。
        ちなみに今日は残り104日です。

        まるごと家一軒分。

        今回はなんとなく物との別れもスムーズにいきそう。

        今までとは心持ちが違う感じなのです。

        一つ年をとった自分は
        新しい自分になっているでしょうか。

        結果はいかに!

        ****

        メルマガをご希望の方はこちらからどうぞ。→



         
        断捨離?ときめく?それとも家ロジで?〜我が家の片付け話 | permalink | - | - | -

        愛犬マロンのためのリメイクワンピース

        0


          着なくなったチュニックでつくった、愛犬マロンの服。

          実はこれ、以前手芸誌『ステッチイデ』のお仕事でつくった
          リメイクチュニックのさらにリメイク。

          普通なら服など着せないマロンですが、
          実は以前、歯槽膿漏が原因で大量出血し、
          輸血寸前、命に関わる危ない時がありました。

          命を守ることを優先したためのか、薬の副作用か、体の毛がほとんと抜けてしまい、
          かろうじて残ったのが、ブチバセットグリフォンバンデーンの特徴である、
          モサモサの頭の毛のみ。
          体はしょぼしょぼと毛が生えているのみです。

          以前ならモサモサの毛で蚊も防げたのですが、
          いまは体に蚊が沢山群がってくる。
          これはなんとかしないと!と思ってつくったのが、
          写真のワンピースです。

          夏はこのリメイクワンピースに本当に助けられました。

          ここ数日はすっかり秋の気候。
          今日の東京は10月の中旬の気温なのだそう。

          そろそろ寒さ対策の冬服をつくってあげなければ。

          沢山のセーターを目の前に、
          いまだ思い切りよく断捨離できない自分でよかったと
          思ってしまいました。

          ****

          メルマガをご希望の方はこちらからどうぞ。→

           
          断捨離?ときめく?それとも家ロジで?〜我が家の片付け話 | permalink | - | - | -

          断捨離?ときめく?それとも家ロジで?〜我が家の片付け話34【こまかいところ篇】

          0


            涼しくなってきたので、始めました!

            え? 何を?

            あれですよ、あれ。

            そう、片付けとお掃除。

            このくらい涼しくなると、動いても汗だくにならず、
            快適に片付けとお掃除がはかどります。

            夏を過ぎるとあっという間に大晦日。(笑)

            毎日仕事もあるし、片付けとお掃除のために
            時間がたっぷり取れる訳でもないので、
            今から始めました。

            今日は“洗濯機”と“トイレ”。

            洗濯機は普段あまり“掃除”というものをしないのですが、
            今日は洗濯機の側面や裏についたホコリもすべて拭き取り、
            本体とフタのつなぎ部分や、洗濯槽の溝の汚れなど、
            古い歯ブラシや綿棒を使って、普段やらないところまで
            丁寧に汚れを取りました。

            たかが洗濯機ですが、細かいところまでやると、
            これが結構時間がかかる!
            やっているうちに、汚れているところを探すのも楽しくなり、
            あ、ここも汚れてる!あ、こんなところにホコリが!と
            どんどん範囲が広がって行き、
            最後は排水用のホースのジャバラにたまったホコリを
            歯ブラシでかき出して、ぞうきんで水拭きしてフィニッシュ!

            あー爽快!です。

            さぁ、この勢いで次はトイレ。

            トイレ掃除といってもいわゆる“トイレ”ではなく、

            窓に飾っているこれらの小物たちの掃除。



            旅の先々で購入したミニチュアの建物たちです。


            これはポーランドのクラクフ。古い街並が素敵だった。



            アメリカのケープコットの灯台。
            ホテルのビーチから見たサンセットは、
            まるで映画のようだったなー。



            フランスのレ島にも行ったっけ。

            なんて、旅の想い出を巡りながら、
            ひとつひとつ“これ”
            でホコリをとっていきます。


            私の掃除の『三種の神器』は
            『使い古しの歯ブラシ』と『綿棒』とそしてこれ。
            『水彩画用の平筆』。動物の毛のものです。
            たまにこれがペンキ用のハケに変わる事も。

            優しい当たりで、狭い隙間にも届くので、
            とっても便利。

            さっさっさーっ。



            ほら、これなんか、すっごく溝がたくさんだけど、
            楽チンだなー。
            おぉー結構ホコリがたまってますなー。

            ちなみにこれはフランスのアミアン大聖堂です。

            そんなこんなで、今日の掃除は終わり!

            明日もどこかを片付けまーす。

            *****

            メルマガをご希望の方はこちらからどうぞ。→








             
            断捨離?ときめく?それとも家ロジで?〜我が家の片付け話 | permalink | - | - | -

            断捨離?ときめく?それとも家ロジで?〜我が家の片付け話33【キッチン篇】

            0

              ここ数日、庭の恵みを利用して
              赤紫蘇ジュースを作ったり
              ジェノバソースを作ったり
              梅ミョウガを作ったりで
              キッチンに籠っています。

              で、キッチンに籠っているついでに
              キッチンの食材の点検をはじめました。

              家では夫が健康食品のサプリメントを
              通販で購入しているのですが、
              そこからたまに試供品といっては色々なものが送られてきます。
              当然私のものではないので、彼に管理は任せているのですが、
              気づくとあちこちに放置してあるのです。

              我が家には「おやつ缶」という約30センチ四方の大きめの缶があるのですが、
              普段そこに封を開けたおせんべいやクッキーなどのお菓子を入れて保管しています。

              で、缶を開けるたびに気になっていたのが、その試供品の「生姜のど飴」。



              たぶん想像するに、彼の中では
              食品サンプルの「のど飴」をもらった。
              →とりあえずお菓子だから缶の中に入れておこう。

              ということだと思うのですが、
              彼、飴というものをほとんど口にしません。

              食べないけれど、食品だし、まだ食べられるものを捨てるのは気が引ける、
              とりあえず缶の中にしまっちゃえ。誰か食べるかも・・・・。
              ってその誰かはきっと私なのでしょう。

              そして彼の頭の中からはめでたく飴の存在は消去され、
              きれいさっぱり。スッキリです。

              さぁて、こうなると私の番です。

              生まれも育ちもモッタイナイ王国モッタイナイ族の私。

              自分の分だけでも片づけに頭を悩ましているのに、
              夫の分も片づけなければいけないのです。

              しかしここで困ったことが。。。

              お寿司の生姜も、生姜焼きも、生姜の味付けも大好きなのに
              ショウガ飴とショウガ茶だけは苦手。
              しかも“辛口”ののど飴。さらに苦手です。

              困りました。

              でも、まだ賞味期限内だし、捨てるなんてモッタイナイし。

              で、ここでひらめきました!

              表示を見ると、原材料は水あめ、砂糖、生姜、黒糖です。
              健康食品メーカーのものだけあって、原材料もシンプル。



              そして個包装の飴をひとつひとつ取り出し、
              お鍋に入れて・・・・
              そうそう持て余していたブロックの黒糖も入れちゃおう!



              さらに水を足し・・・飴が溶けるまでコトコト・・・

              できました!



              生姜シロップ〜♡



              炭酸水で割って、自家製ジンジャエールの出来上がりです。

              う〜ん♡
              思いのほかさっぱりしていて美味しい!

              そうだ!以前いただいた粉末のジンジャーティも
              こうやって炭酸で割っていただこう。

              これならあっという間になくなりそうです。

              そして、試供品かたづけついでに
              もう一つ缶に放置してあった「青汁」も初体験。

              「う"〜まずい、もう一杯!」のCMの印象が強烈に記憶にあるので、
              今までまったく口にすることはありませんでしたが、
              あれ?おいしい!
              へぇ〜。全然普通に飲める美味しさです。
              こんなに美味しいなら毎日でも飲める〜。

              飲みませんけどね。



              *****

              メルマガをご希望の方はこちらからどうぞ。→

















              JUGEMテーマ:家庭
              断捨離?ときめく?それとも家ロジで?〜我が家の片付け話 | permalink | - | - | -

              断捨離?ときめく?それとも家ロジで?〜我が家の片付け話32【洋服・買い取り篇】

              0

                さてさてそれでは洋服の買い取り、ブランド篇をご参考にどうぞ。

                前回はノンブランドの洋服や、
                若者に人気のナチュラル系カジュアルブランド(SM2)などの
                買い取りについてでしたが、
                今回はいわゆるブランドといわれるもの。
                20年くらい前、私はあるブランドの服を好んで着ていました。
                フランスに留学する時も
                「アイロンいらずでシワにならず、着やすくて便利」という理由で
                この服を数枚持って行ったくらいよく着ていました。

                先日洋服の見直しをしている時にこのブランドの服が大量に出て来ました。
                フランスから帰ってきてからはや18年。
                帰国後しばらくは変わらずに着ていたものの、いつもまにか好みも変わり、
                15年はプラケースにしまったままでした。
                当時はかなり着たものの、見た目的にはダメージもなくきれい。
                そこでモードオフよりもちょっとブティックっぽい店構えのリサイクルショップに
                持って行ってみると、なんと買い取ってくれるとのこと。

                調べてみたら今でも変わらすショップではトップスで16,000円位で売っているもの。

                さて、買い取り価格はいったいいくらだと思いますか?

                (シンキング・ターイム!)

                答えは・・・

                ダダダダダダダダダン!1枚800円。


                高い?安い?

                それが5枚ほど。
                そして10年くらい前にパリで買ったローラアシュレイの
                シルク100%の黒いワンピース(値札付き未使用品)と
                OZOC(カジュアルブランド)の10回くらい使用したショルダーバッグの計7点。

                こちらが合計8000円になりました。

                モードオフの2000円とかだと、そんなもんかぁ。。。という感じだけど、
                8000円となると、ちょっと嬉しい♪

                そして合計すると1万円ほどに。

                そして過去の服約30着を古着屋さんにまわして得たお金は、
                今欲しい新しい1着の洋服代にしました。
                しかし、新しく買った服はリネンのワンピース1着36000円ほど。
                ちょっと、ちょっとー高すぎやしませんかー?と
                こんな高いリネンのワンピースを買ったことがない私は、
                店内では心の中で叫びつつ、
                しかし、このアンティークを再現した織りの技術に私なりの価値を認め、
                これから長く着て、着たおすつもりでね、
                と、自分に言い聞かせて買いました。
                しかし、この−26000円。
                これもどうにか捻出したい!
                まだ仕分けが手つかずの洋服を古着屋さんに持って行って、
                この値段が0になるまで頑張ろう!と心に誓ったのでした。

                今回の件で作った私のルールは、
                どう考えても着ない服、思い入れの残っていない服は、捨てずに古着屋さんへ。
                (たとえ1円でも買い取ってもらえればラッキー!)
                そしてそのお金で、これから着て楽しみたい服を買う。
                ということ。

                そうすれば服も減って、今、自分が着たい服が1枚手に入るし、
                買いたい服や、買ってしまった服代を捻出する、という目標ができて、
                仕分けも楽しくできます。

                ちなみにこの買い取りの話を編集者T(ブログで多数登場)に話したところ、
                「えー!!超いいじゃないですかーっ!
                私なんて前にツモリチサトの服を持っていったら、
                これは古すぎて買い取れないって言われましたよー。
                1枚800円で買い取ってもらえるなんてー!
                チョーいいですよぉー」

                とのことなので、
                人気のブランドでも、流行のあるものや、
                デザインものは、買い取りが難しい場合もあるようです。

                しかし!

                ここで諦めてはいけません!

                私の場合、先日ブランドの洋服を売ったお店に、
                また同じブランドの服を持っていったのですが、
                ちょっと使用感があったのです。
                そうしたら、今度は買い取りが不可でした。
                そこで次にモードオフに持っていくと、
                300円で買い取ってくれるとのこと。

                ぜひぜひ古着屋さんのはしごをおすすめします!

                ま、その時間があればですけどね。









                 
                断捨離?ときめく?それとも家ロジで?〜我が家の片付け話 | permalink | - | - | -

                断捨離?ときめく?それとも家ロジで?〜我が家の片付け話31【洋服・買い取り篇】

                0
                  【洋服・買い取り篇】

                  前回が昨年11月だから、かなり日にちが空いてしまいましたが、
                  まだまだ続くこのネタ。

                  読んでいる人っているのかな?
                  と書いている本人も思っているのですが、
                  これが本人の心配をよそに、結構読んでいる人がいらっしゃるようなのです。

                  もちろんブログランキングなどに参加しているわけではありませんので、
                  偶然ここにたどり着いた、という方がほとんどだと思いますけどね。

                  さて、前置きが長くなってしまいましたが本題を。

                  以前生まれて初めて『洋服の買い取り屋さん』に行ったお話をしました。
                  最近はCMでもネット上でも『洋服の買い取り屋さん』の情報を
                  多くみるようになりましたよね。
                  私の住む町の商店街にも4軒の『洋服の買い取り屋さん』があります。
                  どのお店がどうだ、という詳しいことは分からないので、
                  まずは様子見ということで『MODE OFF』というブックオフの系列店に
                  行ってみることに。

                  洋服の内容は20年は経っている(!!!!)ノーブランドの洋服やSM2など、
                  若い女性にも人気のナチュラル系ブランドや未使用のパンプスなど。
                  すべてがまだまだ使用感のないものばかりです。
                  一応お店に行く前に、SM2のカーディガンは毛玉を軽く取っていきました。

                  まずはカウンターで受付を行って、査定を受けます。
                  カウンターには1円から400円(か500円)と書かれた
                  仕切りの施された箱のようなものが組み込まれていて、
                  店員さんがポンポンとその中に仕分けていきます。

                  私はというと、仕分けの間は時間があるので、
                  他のお店で買い物を済ませたり、
                  お店の中で売られている中古の洋服を眺めたりしているわけです。

                  売られている洋服はノンブランドのものやユニクロのもの、
                  そこそこのブランドものからハイブランドのものまで様々。

                  30分ほどお店の洋服を見ていると、番号で呼ばれます。

                  さて、気になる結果はというと・・・
                  ノンブランドのほぼ未使用のカーディガン1円〜
                  SM2のカーディガン400円、SM2の未使用ニットワンピース200円までさまざま。
                  これまでに3度ほど行きましたが、
                  大雑把に計算すると、22点で2200円ほど。
                  つまり、平均すると1点100円というところです。

                  ここではハイブランドの買い取りもやっていますが、
                  ハイブランドの洋服はもう少しそれっぽい、
                  お洒落な買い取りのお店に持っていくことにしました。

                  普段着ずに、タンスのこやしになっているのですから、
                  22着の洋服が処分できて“スッキリ”とした気分のはずが、
                  気持ちはちょっと複雑・・・・。

                  やはり洋服は今は着ていないといっても、
                  気に入って買ったものがほとんど。
                  衝動買いで買って、数度しか袖を通していない洋服は
                  たとえ1円でも買い取ってもらえてよかった。と思えるのですが、
                  思い入れのある洋服や未使用の、それも昨年買った靴などが
                  1円とかだと、えーなんでー?という気持ちに。
                  気持ちが入っているぶん売り手は価値を見いだしてしまいますが、
                  市場にとってはそんなことはどうでもいいこと。
                  市場で人気があるか、ないか、ですからね。

                  15年くらい着ていないアニエスb.のリネンシャツが買い取り不可だけど、
                  1円なら買い取ります、と言われた時はちょっとショック!(笑)

                  いまだに持って帰って、パジャマにでもすればよかったと、
                  時々思い出しています。面白いですね、人間の心理って。
                  だって15年着ていなかったんですよ。
                  えーもういいじゃんそんなの、と友人の声が聞こえる。。。(笑)

                  中古服の売買。
                  悲喜こもごもですね。

                  次回はハイブランド品の買い取りのお話を。

                  まだまだ続きますよ。(笑)








                   
                  断捨離?ときめく?それとも家ロジで?〜我が家の片付け話 | permalink | - | - | -

                  断捨離?ときめく?それとも家ロジで?〜我が家の片付け話30【クローゼット篇】

                  0
                    断捨離?ときめく?それとも家ロジで?〜我が家の片付け話30【クローゼット篇】

                    へへへ・・・このカテゴリー、あっと言う間に30話目です。
                    しかし、この前の記事を書いた数日後の打ち合わせで、
                    「センセ〜、まだ終わってないんですか!断捨離。」と、編集者Tに失笑ぎみに言われてしまい・・・
                    終いには「センセんちの断捨離が終わってスッキリしたら、ホント本1冊作れますよ〜」と。
                    あはは・・あはは・・あはははは・・・・。
                    そんな日が本当に来て欲しい。。。
                    そして今回もまたまた言われそうです。

                    きっとこんなに長く続くのは、家1軒分、10年近くの多くの物たちと向き合っているから、
                    そして、なかなか提唱されている“祭り”のように時間をとれないから。
                    そして、「もったいない」という気持ちは、そう簡単に変えられないから。
                    そして、物としての寿命を長らえ、まっとうして欲しいという気持ちがあるから。

                    ま、いい訳です。

                    でも、着実に1歩は前に進んでいると思うので。

                    さて、今日もクロゼットの洋服のチェックを少し。
                    以前このブログで結構反響があったのが、意外にも『洋服の虫』の話だったのですが、
                    ちょうど衣替えのこの頃が皆さんチャンスですよ〜。

                    私はベランダに大きな白い紙を敷いて、(←これポイント)
                    その上に、衣装ケースから一枚一枚セーターなどを出して、パタパタやっています。
                    そうすると、何枚かに1回、「ポトッ」と小さな音と共に、黒いゴマ粒ほどのあの虫が!
                    そして、その洋服を見ると、すでに食べられていたり、未遂だったり。
                    皆さん、今がその時期ですよ!防虫剤チェックしましょう!
                    この3連休で虫を退治しましょう!

                    さて、写真は残念ながら虫さんに食べられてしまったカーディガン。

                    普段着用のものですが、まだ全然毛玉もできておらず、
                    すっごく着心地のよいウールなので(柔らかいウールが虫も大好き!)
                    もう少し着ていたい!
                    そこで、穴をかがって、

                    穴の部分にリスのモチーフを縫い付けました。
                    しかし、これ、3カ所やられちゃったんで、あと2カ所。
                    もう一匹リスと、ドングリでも縫い付けますか♪

                    こうやって、物は減らずに残っていくのね〜♡

                    洋服の買い取り屋さんのお話はまた後日に。
                    近いうち、また行ってきます♪

                    *****
                    12月1日のワークショップをお申し込みの皆様へ。

                    すみません、本の発売が延びたことに伴い、公の場で
                    ワークショップの作品の写真を掲載することが、
                    できなくなってしまいました。
                    開催までまだ時間があるので、もう少しお時間いただき、
                    個別に写真を送らさせていただきます。
                    よろしくお願いします。

                    *****

                    メルマガをご希望の方はこちらからどうぞ。→

                     





                     
                    断捨離?ときめく?それとも家ロジで?〜我が家の片付け話 | permalink | - | - | -

                    断捨離?ときめく?それとも家ロジで?〜我が家の片付け話29【クローゼット篇】

                    0
                      12月に開催予定のレジンのワークショップへのお申し込み、ありがとうございます。
                      お申し込みは随時募集しておりますので、お気軽にご参加くださいね。
                      久しぶりに皆様とお会い出来るのを楽しみにしています。
                      作品の詳細につきましては、数日中にお知らせいたします。
                      予定が遅くなっていてすみません。

                      ****

                      さて、3連休の東京は、秋晴れのとてもよい日々となりました。
                      爽やかな気分にも背中をおされ、衣替えも兼ねて、まだまだ途中であった洋服の見直しに着手!
                      それにしても“ときめき”の近まりさんは「片づけは祭りです!」と言っておられますが、
                      私には祭りをするほどの時間がなく、いつも1日、もしくは週末の2日でちょっとづつという感じです。
                      この3連休も北海道から親戚が遊びに来ていたので、途中片づけが中断しましたが、
                      初日、3日目は洋服の仕分けを頑張りました。
                      なかなか先が見えなくて、本当にこれ終わるの?と思ってしまうことも度々ありますが、
                      そんなときは、仕分けした洋服を見て、
                      「でも、今日はこれだけ進んだんだ。」と自分を納得させています。

                      で、今回の連休ではゴミ袋いっぱいの不要な服を仕分けできました!

                      あー気分もスッキリ!


                      しかし!ここですぐに丸ごとゴミの日にドーンと袋を出せないのが、
                      小さい頃からモッタイナイ精神が染み付いているワタクシのワタクシたるところ。

                      ここから
                      1、靴の汚れとりウエス(ボロ布)
                      2、キッチンの油ふき用ウエス
                      3、テレビのホコリ取り用ウエス
                      4、巾着用の布
                      5、その他
                      などに素材ごと、用途ごとにわけられて、
                      ようやく「これはもう使えないね」と自分で納得できるレベルに、洋服が到達するまで
                      とことん見直されます。

                      なので、今日はゴミ袋いっぱいの不要な服を、再び仕分け中!

                      そうそう、そういえば去年の冬、生まれて初めて洋服の買い取り屋さんに行ってみました。
                      このお話は次回に!

                      今週もお互い頑張りましょう!


                      ****

                      メルマガをご希望の方はこちらからどうぞ。→


                       
                      断捨離?ときめく?それとも家ロジで?〜我が家の片付け話 | permalink | - | - | -