上島佳代子のリネンと雑貨の教室

<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 防災品を備える。 | main | 夏から秋へ。~ De l'ètè à l'automne >>

はんど&はあと2016年カレンダー*9月のおはなし

0


    9月も半ばになり、時折爽やかな風が吹いて、あぁ秋がやってきたんだなぁと感じます。

    さて、はんど&はあと2016年のカレンダーも9月。

    作品ははんど&はあとの過去の付録でもあった〈セキソ粘土〉でつくった小皿です。

    好みの形に成形し、乾燥させ、着色やニスを塗って仕上げるだけなので、本当に簡単に作品がつくれます。


    おもにオブジェやアクセサリーの材料として使われているようですが、本格的な食器としては適していないものの、ニスを塗れば耐水性になるので、写真のようにレースペーパーを敷いて、おやつのクッキーやドライフルーツをのせて楽しんだりもできます。

    このアンティーク風の小皿。実は市販のゼリーの空きカップを利用して型取りしたもの。ぽってりと厚く、少し野暮ったいくらいが、それっぽく仕上がるコツです。

    今回のカレンダーでは、スタイリングも担当させていただいているのですが、下に敷いているのは、1885年のアンティークリネンのグレインサック。(収穫した小麦や種を入れるもの)

    手織りのリネンで、破れたところの補修跡が残り、それがかえってその当時の人々の暮らしぶりが伺えて、とても気に入っています。普段はクッションカバーなどに利用しています。


    ****

    メルマガをご希望の方はこちらからどうぞ。→

    ハンドメイド | permalink | - | - | -