上島佳代子のリネンと雑貨の教室

<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< はんど&はあと2016年カレンダー*11月のおはなし | main | 今年もよろしくお願いします。 >>

はんど&はあと2016年カレンダー*12月のおはなし

0


    いよいよ「はんど&はあと2016年のカレンダー」も最後の一枚となりました。

    一年間、カレンダーを通して一緒に過ごしていただいた皆さん、本当にありがとうございました。

    一年間の作品を作らせていただくという、作家としては本当に貴重な機会をいただいて最高に幸せでした。「はんど&はあと」の編集部のみなさん、ありがとうございました。

    残念ながら「はんど&はあと」は終わってしまいましたが、ハンドメイド、手仕事というものは永遠になくならないものなので、これからも皆さんならではのハンドメイドを楽しんでくださいね。私も暮らしに寄り添ったハンドメイドを楽しんでいきたいと思っています。

    さて、12月の作品は、「お金がなくても工夫でかわいいクリスマスオブジェができるよ」という提案のつもりで作ったものです。
    実際、この作品にかかった費用は、照明を入れても200円未満です。私はクリスマスの幸せな街並みを表現したかったのでお家の形にしましたが、お花や紙風船などの形でもかわいいですね。

    照明を点灯するときは、お家にいる時に。万が一の火の元にもお気をつけください。

    今年も残りわずか。今年一年、本当に早かった!
    毎年言っているような気がしますが、今年は今までで一番早かったかも。

    私の今年は仕事よりプライベートな時間に多くを費やした一年でした。
    昨年末に相棒の愛犬マロンを亡くし、今年2月新しい相棒、保護犬のパオを迎えました。
    マロンを亡くした寂しさは毎日薄れることはなく、折にふれ涙することもありましたが、今まで不幸な環境にあったパオをなんとか幸せにしてあげたい。落ち着いた環境で安心して暮らせるようにと心を注いだ日々でもありました。
    パオには恐怖心からか、突然吠え、後脚やしっぽを噛んだりする自傷行為があります。この行為をやらないようにしてあげたいのですが、なかなか治らず、問題の根深さを感じています。
    我が家に来るまでに3年くらいの時間が経っているので、治すには同じくらいの時間が必要かもしれないし、もしかしたら一生治らないかもしれない。
    でも治らなかったとしても、「大丈夫だよ。それも個性。」と、受け入れてあげられる心の余裕をもっていたいと思います。

    いま自分は自分の人生の過渡期だなと感じています。仕事の環境、自分の気力や体力、そして家族の変化など、時の流れとともに少しずつ変わり、ここにきて、大きく軌道修正しなければいけない時期にきた気がします。
    これからの自分はどうしたいのか、自問自答し、見つめながら過ごした一年でもありました。

    来年はその答えを少しでも形にできるようにしていかれたらと思っています。

    ブログもなかなか更新できなくてすみません。名も知れぬ私のブログをどんな形でみていただいているのかわかりませんが、それでもひょんな偶然からたどり着く方もいらっしゃると思うので、来年も変わらず書き続けようと思います。今までご覧いただいていた皆さまも、どうぞ気長にお付き合いください。

    ハンドメイド | permalink | - | - | -