上島佳代子のリネンと雑貨の教室

<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 2018年夏、サック・ド・ヴォワヤージュの発送を完了しました。 | main | 秋の仕事 >>

秋の贈りもの。

0


    街を歩くと、ほのかに甘い匂いが漂い、「あぁ、今年もこの季節がきたんだなー」と夏が過ぎ去ったことを感じます。

    キンモクセイの香りというと、小さい頃のトイレの芳香剤のイメージが強く、あまり好きではありませんでした。

    それがいつからか毎年この僅かな季節を楽しみにしているのですから、不思議です。

    今年の夏はひときわ暑く、庭に植えていたミモザが初めて枯れて、葉を落としてしまいました。隣に植えていたジャバラも葉を落としてしまったので、きっと連日40度近かった猛暑のせいでしょう。復活してくれるのかわかりませんが、枝を短く切って、なるべく養分を蓄えられるようにしました。対処方があっているのかわかりませんが、これでひとまず様子見です。

    ミモザ、ジャバラには大変な夏でしたが、イチジク、ブドウのデラウェアには良かったようで、地植えしたことや肥料をあげたこともあって、今年は沢山の実をつけてくれました。やっぱり人間も植物も栄養は大事ですね。

    できることならブドウは外部屋の入り口に葡萄棚を作ってみたいと夢見ています。以前行ったイタリア、ベニスのムラーノ島のカフェが葡萄棚の下でお茶を飲めるようになっていて、それ以来の憧れですから、もう20年越しの夢です。

    以前のようにテキパキとというようにはいきませんが、少しずつ理想の庭にできたらいいなと思っています。

    メルマガをご希望の方はこちらからどうぞ。→

    暮らし | permalink | - | - | -